綴じ加工一覧|印刷の製本・加工情報が満載のペーパーパーク

 

アイレット綴じ

 

アイレット綴じ

アイレット綴じは中綴じで綴じる際の針金が紙面の背の部分にC型に飛び出している綴じ方です。
あえて針金をC型に飛びださせることによって、冊子自体をそのまま二穴ファイルに綴じることができるようになっています。こうすることで、パンチ穴を開ける必要が無くなり、パンチ穴で資料のデザインが切れてしまうこともありません。

  • お問い合わせフォームへ
  • アイレット綴じ詳細ページへ

アイレット綴じ

Page Top

のり綴じ

 

のり綴じ

のり綴じは針金やホットメルトを使用せず、水性糊を使って綴じたものです。折り目の脇に糊をつけておるため、しっかりと糊づけされます。針金を使わないことで環境負荷を低減できのが特徴ですが、のり綴じではページを上下に開かせたり、剥がせる糊を使ったりと色々な事が出来るので可能なのでデザインの表現力が大変広がります。

  • お問い合わせフォームへ
  • のり綴じ詳細ページへ

のり綴じ

Page Top

中綴じ

 

中綴じ

代表的な冊子物の綴じ方の一つで、紙を重ねた後に折り目のところをステープル(針金)で綴じることによって冊子がバラけてズレたり落ちたりするのを防ぐ綴じ方です。ステープルの長さに限界があり、あまりページ数の多いものを閉じることはできません。

  • お問い合わせフォームへ
  • 中綴じ詳細ページへ

中綴じ

Page Top

リング製本

 

リング製本

冊子の背中部分にリングを通していくことで冊子に仕上げる製本方法です。ノートやスケッチブックなどを閉じる際によくつかわれており、中綴じや無線綴じなど他の綴じ方に比べてページを切り取りやすくなっています。リングの色も多数あり、ノートの表紙カラーと合わせることが可能です。

  • お問い合わせフォームへ
  • リング製本詳細ページへ

Page Top

糸綴じ(中ミシン)

 

糸綴じ(中ミシン)

中綴じで綴じる素材をステープル(針金)から糸に変更した綴じ方です。ステープルで綴じる際は折り目の部分を2か所綴じることになりますが、糸綴じの場合は折り目の部分を全て糸で綴じるため、強度がつきやすいところが特徴です。また、糸の色も選ぶことができ、デザイン性を訴求することも可能です。

  • お問い合わせフォームへ
  • 糸綴じ(中ミシン)詳細ページへ

糸綴じ(中ミシン)

Page Top

平綴じ(糸)

 

平綴じ(糸)

丁合後、冊子の端から5mm程度のところを糸で綴じ、強度を持たせる綴じ方です。糸で綴じた後、背中の部分に糊をつけて強度を持たせることもできますが、綴じた糸をそのまま見せることでデザイン性を訴求することも可能です。

  • お問い合わせフォームへ
  • 平綴じ(糸)詳細ページへ

Page Top

クロス巻き製本

 

クロス巻き製本

ノートやレポート、メモ帳などのの背部分にクロスを巻きつけて強度を持たせる製本方法です。
最近ではクロスにも様々なカラーやデザインが登場し、装飾目的で利用されることも多くなってきています。

  • お問い合わせフォームへ
  • クロス巻き製本詳細ページへ

Page Top

インデックスカット

 

インデックスカット

手帳やノートなどで、目的のページを見つけやすくする「インデックス」をページ端に切り込みを入れる加工方法です。
通常は該当する部分の紙を型抜きした後に製本するため、型代がかかることが多いのですが最近では任意の場所に自在にカットを入れることができる機械も登場しています。

  • お問い合わせフォームへ
  • インデックスカット詳細ページへ

Page Top

無線綴じ

 

無線綴じ

本の背中の部分に糊を染み込ませて背中全体を糊で固める綴じ方です。そのままだと糊の部分がむき出しになってしまうので、いちばん外側に背中をくるむための表紙(カバー)を付けます。
ページ数が多くても綴じることができるのが強みですが、中綴じのように冊子を開き切ると糊の部分が取れやすくなってしまうのが問題です。

  • お問い合わせフォームへ
  • 無線綴じ詳細ページへ

無線綴じ

Page Top

アジロ綴じ

 

アジロ綴じ

アジロ綴じは無線綴じをさらに強化したような綴じ方です。糊を染み込ませる冊子の背中の部分に切り込みを入れることでさらに糊が染み込みやすく、かつ各ページがはがれにくくなるようにした綴じ方です。

  • お問い合わせフォームへ
  • アジロ綴じ詳細ページへ

Page Top

平綴じ(ステッチ)

 

平綴じ(ステッチ)

丁合後、冊子の端から5mm程度のところをステッチ(ステープル・針金)で綴じ、強度を持たせる綴じ方です。ステッチで綴じた後、背中の部分に糊をつけ表紙を付けるため「無線綴じのさらに強度を持たせる方法」として捉えるとイメージしやすいかもしれません。

  • お問い合わせフォームへ
  • 平綴じ(ステッチ)詳細ページへ

平綴じ(ステッチ)

Page Top

スレッドシーリング

 

スレッドシーリング

スレッドシーリングは熱で溶ける特殊な糸で折丁ごとにかがっていき、それらをホットメルトで背固めすることによって糸を溶かし、より強力に綴じる方法です。しっかりとノドの部分まで開くことができ、さらに強度もある綴じ方です。

  • お問い合わせフォームへ
  • スレッドシーリング詳細ページへ

Page Top

和綴じ

 

和綴じ

日本において最も歴史のある綴じ方である「和綴じ」。冊子の端に穴をあけ、それらに糸を通して綴じていく、日本で昔から行われていた綴じ方です。現在でも和綴じで綴じることは可能ですが、機械ではなく手作業で行うため大量部数の和綴じ製本を行うには日数が必要となります。

  • お問い合わせフォームへ
  • 和綴じ詳細ページへ

Page Top

 

制作事例

制作事例01制作事例02

これまで制作・開発した事例のなかから一例をご紹介いたします。

工場見学歓迎

工場見学歓迎01工場見学歓迎02

大人数での見学はもちろんのこと1名様からでも遠慮なくご連絡ください。

paper-parkについて

※ご質問、ご相談は本サイト
 を運営する篠原紙工へどうぞ篠原紙工業