アイレット綴じ|綴じ加工一覧|印刷の製本・加工情報が満載のペーパーパーク

 

アイレット綴じ

 

アイレット綴じ

アイレット綴じの特徴を撮影している動画です。ファイリング用のステープルがあるので冊子を閉じたままファイルできるのが分かります。

 

アイレット綴じは中綴じで綴じる際の針金が紙面の背の部分にC型に飛び出している製本方法です。
あえて針金をC型に飛びださせることによって、冊子自体をそのまま二穴ファイルに製本することができるようになっています。

主な使用用途
マニュアル
カタログ
議事録 など

その他ファイリングする必要のある資料

アイレット綴じ

通常の中綴じで綴じられていますが、背表紙に突き出たステープルがファイリングに役立ちます。
同じ個所にステープルが来るようにしておけばファイルからはみ出ることもありません。

Page Top

 

制作事例

制作事例01制作事例02

これまで制作・開発した事例のなかから一例をご紹介いたします。

工場見学歓迎

工場見学歓迎01工場見学歓迎02

大人数での見学はもちろんのこと1名様からでも遠慮なくご連絡ください。

paper-parkについて

※ご質問、ご相談は本サイト
 を運営する篠原紙工へどうぞ篠原紙工業