無線綴じ|綴じ加工一覧|印刷の製本・加工情報が満載のペーパーパーク

 

無線綴じ

 

無線綴じ

無線綴じの特徴を撮影している動画です。見開きの状態で逆さにしてもしっかりと背表紙部が接着されているのが分かります。

本の背中の部分に糊を染み込ませて背中全体を糊で固める綴じ方です。そのままだと糊の部分がむき出しになってしまうので、いちばん外側に背中をくるむための表紙(カバー)を付けます。
ページ数が多くても綴じることができるのが強みですが、中綴じのように冊子を開き切ると糊の部分が取れやすくなってしまうのが問題です。
専用の機械が必要となるため、製本会社でもできない会社があります。

主な使用用途
カタログ
辞書
書籍 など

主にページ数が多い冊子物に向いています

無線綴じ

無線綴じは中綴じと異なり、ページ数が多くなっても綴じることができるので
辞書などにも使われています。

Page Top

 

制作事例

制作事例01制作事例02

これまで制作・開発した事例のなかから一例をご紹介いたします。

工場見学歓迎

工場見学歓迎01工場見学歓迎02

大人数での見学はもちろんのこと1名様からでも遠慮なくご連絡ください。

paper-parkについて

※ご質問、ご相談は本サイト
 を運営する篠原紙工へどうぞ篠原紙工業