平綴じ(ステッチ)|綴じ加工一覧|印刷の製本・加工情報が満載のペーパーパーク

 

平綴じ(ステッチ)

 

平綴じ(ステッチ)

平綴じ(ステッチ)の特徴を撮影している動画です。冊子正面から裏面までしっかりとステープルで綴じられているのが分かります。

丁合後、冊子の端から5mm程度のところをステッチ(ステープル・針金)で綴じ、強度を持たせる綴じ方です。ステッチで綴じた後、背中の部分に糊をつけ表紙を付けるため「無線綴じのさらに強度を持たせる方法」として捉えるとイメージしやすいかもしれません。

主な使用用途
カタログ
商品パンフレット
会社案内
メニュー など

主にページ数が少ない冊子物に向いています

平綴じ(ステッチ)

平綴じは冊子正面から綴じますが、中綴じと同様ステープルで綴じるため
大量ページの冊子を閉じるのには向いていません。

Page Top

 

制作事例

制作事例01制作事例02

これまで制作・開発した事例のなかから一例をご紹介いたします。

工場見学歓迎

工場見学歓迎01工場見学歓迎02

大人数での見学はもちろんのこと1名様からでも遠慮なくご連絡ください。

paper-parkについて

※ご質問、ご相談は本サイト
 を運営する篠原紙工へどうぞ篠原紙工業